イースタン・シエラ・ネバダの夏 vol.2

今回、イースタン・シェラ・ネバダの釣に行くことになった経緯からお話しすると、
今年の5月にブログで知り合ったL.A.のgoldentroutjpさんからセミテ国立公園の西側に広がる
イースタン・シエラ・ネバダのマンモス・レークを中心にした素晴らしい釣り場を
紹介し経験して頂きたいとお誘いを受けたのがきっかけでした。

ブログで知り合った方々と今年は何度も釣に出かけたりして楽しい出会いがありました。
今回は海外でちょっと不安でしたがチャンスは逃したくないと思っていました。
最初はL.A.近郊にフライフィッシングが出来るフィールドがあるのか疑問でしたが、
川などの写真を送ってもらってイースタン・シエラ・ネバダのすばらしい景観を目のあたりにした時、
昔から憧れていたアメリカのフィールドでフライロッドをキャストしてトラウトが釣ってみたくなっていました。
しかしこんな素晴らしい釣り場であるのにも関わらず日本に情報が乏しいのは、
航空会社の定期便がないため、L.A.から500kmほどの距離を車で行くしかない
不便さからではないでしょうか。
カリフォルニアではスキーリゾートとして有名で、夏には、キャンピング、マウンテン・バイク、
トレッキング、モトクロス、熱気球、そして魚釣りができる標高2400メートルに広がった町です。
それからメールで何度もやり取りをして、2ヶ月の準備後、今回参加することになりました。
f0085599_2156659.jpg


7月19日に成田国際空港に車で向かいましたが、
梅雨の真っただ中で雨が降り、蒸し暑い日でした。
L.A.までの直行便は荷物検査でスーツケースを全て開けて検査され、
アメリカでまた検査される可能性があるので、カギかけずに預けました。
フライロッドはもちろん手荷物で持ち込みです。

定刻より30分遅れで離陸したのですが、座席選びにちょっと失敗。
A〜Iの9席が横一列に並んでるんですが私の席はど真ん中のE。
右には親子で隣に4〜5歳の子供が座り、L.A.に着くまで興奮して寝ないで暴れていました。
時々足で蹴飛ばされ、後少しでキレかかってました(笑)
左には若いOL二人組で、この二人もL.A.に着くまでデカイ声でしゃべりまくっていました。
こちらにも後少しでキレかかってました。大人げないので自制しましたけど(笑)
そんな訳で一睡もできないままLAXに到着。
帰りの飛行機は座席を指定しなくてはと心に誓ったのでした。

入国審査と税関審査をすんなり抜けて外に出ると、
goldentroutjpさんご夫妻が迎えにきてくれていて、ひと安心。
午前中に到着したのでホテルのチェックインまで車でドライブすることに。
f0085599_2159196.jpg

海沿いを走り爽やかな風が吹き抜けるマンハッタンビーチのuncle bill'sというカフェに立ち寄り今回の釣の話やL.A.のことなどお話を伺いました。
f0085599_220473.jpg
その後、海に突き出たL.A.名物の ピアに向かいました。
何気なく波打ち際を見ると水着のお姉さんたちの足下を40〜50cmの魚が10数尾泳ぎ廻ってます。どこにいるか解りますか?(写真の中央付近に2尾はっきり見えると思います。)
魚の名前は“コビーナ、Corbina ”です。
フライではゴーストシュリンプやサンドクラブのイミテーションが主体で、ほかにクラウザーミノーなどでも釣れるらしいですが、
これだけビーチに人がいると釣は不可能ですね(笑)
次回は釣ってみたら面白そうと頭の片隅にインプット!
ピアの奥に行くと夏休みの子供たちや、メキシコ人が釣をしてました。
クーラーボックスをのぞきましたが誰一人釣れてませんでしたね。
この日はちょっと蒸し暑く40℃近くあったので、夕方までは活性が低かったと思います。
f0085599_2204714.jpg

ビーチ沿いに車を走らせしばらく行くと
ウェイ・フェアー・チャペル(ガラスの教会)に到着。
f0085599_2212153.jpg

建築したのはフランク・ロイド・ライトの息子のロイド・ライトで、
文字通り前面ガラスの教会です。 
アンルイスや吉田栄作など多くの芸能人や日本人も式を挙げています。
12時過ぎに今回ニューヨークから釣行に参加されるKUNITAさんからLAXに到着したと
連絡が入りその後合流。
彼とは初めてお会いしましたが、今回レンタカーで一緒にドライブ、
寝泊まりをご一緒することになります。(次回くわしくご紹介しますね)

明日からの釣に備えて広いL.A.で2件しかないというフライストア
Bob Marriott'sに行ってみたいとリクエストして行くことに…
それもフリーウェーを1時間30分以上走って。とにかくL.A.は広いのです!
このお店は広い店内にほとんどのフライ用品が所狭しとストックされていました。
日本で買う値段より2割ほど安いかなと思いましたが、
アメリカの定価だったんですよね(笑)
私はクラッシック・ストリーマの洋書やこちらでしか手に入らないイラストレーション、写真集、
キャップ、Tシャツなどお土産を購入。

さあ、明日の朝は出発が5時30分。
通勤渋滞が始まる前にL.A.を抜け出す計画です。
ホテルにチェックインすると睡魔が襲って来て
ベッドに倒れ込んだのは言うまでもありません。
続く
[PR]
by Lt_cahill | 2006-07-29 22:04 | アメリカ釣行


過ぎて行く時間、とどめておけない一瞬を残したいから…。どんなに大きな魚を釣り上げても、どんなに美しい魚と巡り遇えても、終わりの無い旅…フライフィッシング。それは確かに難しい、だからこそ面白い。


by Lt_cahill

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Fishing Report
北海道釣行
アメリカ釣行
ロシア釣行
Expression
Impression of Stream
Fly Tying
Commercial Flies
Photograph
TIME FRAME<Fisher>
Self portrait
Art
Music
海外からの便り
Favorite Goods
♪いい湯だな♪
ダルメシアン「アリス」
カレンダー
hebohebo会
S2000
iPhone写真館
名水
Tokyo Sky Tree
未分類

お気に入りブログ

岡田裕師のブログ
みな「ぼ~ず」
いぬ太郎の犬日誌(仮)
晴れた日には
slow fishing
尻別川の畔より/K9 F...
写真日誌[旅の香り]
terry's Rive...
Bloody L
気ままにキャスト ...
ぱら式。 ~Chicag...
(続)我流・天声・を・書く
永源寺のなまぐさイワナ
フィッシュ クラフト工房...
「 飛 翠 。」 one...
へたっぴルアーマンの釣り日記
terry's Phot...
グリースドラインで釣り日記!
ユニオンスクエアの窯 ☆...
walton_Blog
Metropolitan...
おっさんのメタボな生活
Spey Bum
あぶらびれパトローラー
g i @ n t の ...
Friend of Wa...
tabiのひとり言
陸に上がってた☆Flyman!
LIKE A FLOWI...
ニューヨーク*ユニオンス...
一生フライします
DRAINPIPE/DR...
fiat lux pho...
森のフィッシュ魚ッチング
~BQイッチー フィール...

flyfishingリンク

以前の記事

2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

検索

タグ

(85)
(83)
(82)
(46)
(38)
(38)
(33)
(15)
(15)
(12)
(11)
(10)
(5)
(5)
(4)
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
釣り

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31