<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2010カレンダー Main Stream Flies/April

f0085599_1154319.jpg





ゴールドに輝くスペイフックが流れの中でよりアピールし、
マテリアルや色調も思いっきり虫っぽく仕上げてみた。
タグにはピーコックソードを巻き、ボディはスタンダードなら
シールズファーやサーモウエブのところを
透明感のあるメルティーファイバーのイエローとライトケィヒルをミックスした。
ウイングはマラードフランクのウッドダックゴールドを無造作に束ねる。

夜明けとともに静かにキャストをスタートする前に、
岸際に注意をはらうと木の葉っぱの裏とか水際の植物に
大型のモンカゲやヒゲナガなどが目につく時期に
結ぶのがGold Bug。

さあ4月は魚野川の解禁だ。
私にとっての本流シーズンの幕開けです。

Gold Bug
Hook:DAIICHI SPEY FLY HOOK 2050 #5
Tag:Peacock Herl
Body:Melty Fiber Sulfur Yellow & Light Cahill Mix
Rib:Gold Oval Tinsel
Hackle : Heron Hackle
Wing : Mallard Flank Dyed Wood Duck Gold
[PR]
by Lt_cahill | 2010-03-30 12:10 | カレンダー

紫一家と下野ヘボヘボ会釣行

f0085599_14162210.jpg


26日の金曜日、昨年秋田でお世話になった紫一家が上京していると言うので
浅草でヘボヘボ会の仲間達と久々の再開で盛り上がり、
翌日は下野の渓で釣りとなりました。

ところが呑みすぎてちょっと寝坊をしてしまい、要さんと合流するのにいつもは下道で行くところを
高速道路に乗ったところ16kmの事故渋滞に巻き込まれ、大遅刻となった波乱の幕開けでした。

f0085599_1422383.jpg


昼近くに河原に着いてランチを楽しみ、
それぞれに別れてのんびり釣りを楽しんだのですが、
私の入ったポイントは運悪く上流の工事の影響で濁りの入った流れで低活性。
釣れても手のひらサイズのヤマメ2尾とウグイ2尾の悲惨な釣りに。


f0085599_1427087.jpg


翌日は粉雪がちらつく寒い日で川に行っても気温3度の寒さ。
前日はハッチも見られた川も冬に逆戻りしてしまいました。

そして川に入っているテトラの上を歩きながら釣りをしてると
バランスを崩して胸まで水没すること2回。
したたか手足を打ち付けて戦闘意欲がなくなりますが、
この流れを最後にしようとキャストすると酔狂なヤマメが飛び出してくれました。

f0085599_14321425.jpg

f0085599_14323384.jpg


運悪くランディングネットを忘れ、撮影に苦労しました。
今回は軽量化のためマクロレンズの代わりにExtension Tube EF 12 IIを接続して
17-40mmレンズでマクロ撮影を試みましたが慣れていないせいか
なかなか思うように撮影できませんでした。
[PR]
by Lt_cahill | 2010-03-29 14:38 | Fishing Report

ジオラマチックなiPhone写真

f0085599_20515417.jpg


ちょっとジオラマチックな写真がiPhoneで撮れたのでアップしてみました。
まあ、普通の写真をPhotoShopで加工すれば出来るような写真ですが、
iPhoneで一発でここまで撮れればいいかなと(笑)
f0085599_20551532.jpg


これからも面白い画像が撮れたらエントリーしますので
お楽しみに!
[PR]
by Lt_cahill | 2010-03-25 20:56 | iPhone写真館

アゲィンスト・ウィンドの湖

f0085599_2056010.jpg



土曜日、関東では天気は晴マークで20度の陽気ながら
10メートルの強風が予報されていた。

早朝にFIELD NOTEの在東京広島人さんと落ち合い芦ノ湖に向かった。

芦ノ湖では35年ほど前にバス釣り大会で釣りをして以来で
フライフィッシングをするのは初めて。
芦ノ湖に到着すると快晴だけど湖全体に強風が吹き荒れていた。
最初に入ったポイントはもろに向かい風でさらに立ちこむと
バックがとれない状況で久しぶりのシューティングスペイキャスティングで
ストリーマを何度も何度もリトリーブ。

しかし魚からの反応が無いままあきらめて他のポイントに移動する。
芦ノ湖ではそろそろワカサギの産卵が初まりドライワカサギの釣りも楽しめる。
やっぱり北海道の阿寒湖に比べると2ヶ月半くらい早いのだ。
時折沖合を通り過ぎる遊覧船を眺めては
阿寒湖で釣りをしているような錯覚に怠ってしまった。

しかしこのポイントも午後になるとアゲィンストの風がさらに強まっていった。
三角波の立つ湖面は、毎年行っている島牧の海でも釣りをあきらめるほどの強風だったが、
芦ノ湖で一尾に出逢うために風の弱まる隙にキャスト&リトリーブを繰り返した。

f0085599_21165765.jpg


そして不意にその時はやってきて、指先にトラウトの反応が。
最初はリトリーブをしていてシューティングヘッドが
ガイドに入った途端、根がかりかと思ったのだが、
さらに強引にリトリーブすると大型魚特有の首振りが明確に伝わった。

そしてさらに合わせを入れようとラインを引っ張ると違和感が!
なんとシューティングヘッドに結ばれていた
シューティングラインのループが切れてしまった。
そのままだとシューティングラインごと魚に持って行かれると
慌ててラインをつかんだ瞬間強烈なテンションがかかり
フックアウトしてしまった。

昨年の新潟でのサーモン釣りの後、メンテナンスを怠っていたのが原因。
まだまだ修行が足りません。

その後も気を取り直してキャストを繰り返すも
ラインは強烈な風で押し戻され思うような釣りどころではなかった。
そんなほろ苦い芦ノ湖デビューだったけど。
私のフィッシングモードにも火がついた。
しばらく芦ノ湖リベンジに通う事になりそうだ。
[PR]
by Lt_cahill | 2010-03-21 21:27 | Fishing Report

フィッシングモード

f0085599_13293215.jpg


3月の解禁早々に釣りに行ったが、
花粉症、寒い、まだ活性が悪いなどと理由をつけては
なんだか今年はノリが悪い自分です。

月曜日にそろそろ4月の解禁を迎える魚野川の年券を申し込んだら
本日郵送されてきました。
あらら、今年はピンクか!
目立つけどベストの背中には似合わない色合いだ。
今年は雪も多く、雪代の期間も長くなりそうなので
釣りの期間は短くなるだろうけど
雪代の出る前に何度かでかけてみよう。

私のフィッシングモードもそろそろエンジンスタートです。
[PR]
by Lt_cahill | 2010-03-19 13:38

信号待ち写真 その2

f0085599_1123668.jpg


夕方近くに車で文京区千駄木の団子坂で信号待ち。
何気なく右側を見るとダルメシアンのカップルが目に飛び込んだ。
まだ赤信号の隙にiPhoneを取り出してカシャ!
美容室の前に置かれた置物でしたが適当なペイントにちょっとガックリ。

信号が青になり不忍通りを左折して道灌山の交差点に差し掛かると
今度は本物のダルメシアンが横断歩道を横切った。
写真を撮ろうと思ったけれど信号が変わってしまい
残念ながら撮影できなかった。

アリスを飼って1年が過ぎたけど101匹ワンちゃんで有名なわりに
見かける事が少ない犬種です。
この日はちょっとラッキーだったかもしれません。
[PR]
by Lt_cahill | 2010-03-18 11:32 | iPhone写真館

信号待ち写真

f0085599_2192659.jpg


車を運転していて信号待ちのちょっとした瞬間に街を撮る。

前の視点の高かったチェロキーに比べ
今のS2000は車高が低く、見上げる風景が新鮮なのに気がついた。
ちょうどカメラのローアングルに似ている感じだろうか。
iPhoneを取り出して信号待ちで面白そうな被写体を見つけてシャッターを切る。


f0085599_21114991.jpg


今日は後楽園遊園地の前の信号に2度引っ掛かった。
遊園地も車目線でTiltShiftGenのアプリで撮るとなかなかおもしろい。
[PR]
by Lt_cahill | 2010-03-15 20:50 | iPhone写真館

来る日に備えて、Wet Fly Dressing vol.4

f0085599_2124770.jpg


シルバーのフラットティンセルが水中でギラリと輝く瞬間。
それは小魚のウロコそのものなのではないだろうか。
3月のカレンダーにしたMissUonoをより小魚を意識して巻いた
「Miss Uono Part2」。

流れをスイングさせる時にロッドティップに微妙なアクションを加えたり、
手元のランニングラインをチョンチョンと引いたりして誘う。
小魚が逃げ惑いパニックの状況を演出すると効果的な一本。

長年トライ&エラーを繰り返しシンプルな形状に変化してきましたが、
ウイングは強調しないスリムなボディにすることで
フライの動きも良くなったように感じています。
[PR]
by Lt_cahill | 2010-03-14 21:18 | Fly Tying

来る日に備えて、Wet Fly Dressing vol.3

f0085599_11162784.jpg


雪代が入った時や増水で濁った時には黒系のフライが
水中では極めて効果的なのはご存知の通り。
そんな状況でも大物は大きなフライは見きってしまうので
小さめに巻いたフライ「Black Soldier」で攻める。

このフライは当ブログの2月のカレンダーの「Pink Panther」のもとになったパターン。
そしてその「Pink Panther」のウイングをさらに目立つものにアレンジした
「Shocking Pink Panther」。

f0085599_1127075.jpg


ウイングのAmerican Hen Capeは数年前にフライショップで
ディスカウントしていたものを、いつか使えるのではとストックしていたもの。
やっと日の目を見た訳で、
さあウイングの違いで、はたして一番効果的なのは?
そんな楽しみもウェットフライにはある。
[PR]
by Lt_cahill | 2010-03-12 11:35 | Fly Tying

来る日に備えて、Wet Fly Dressing vol.2

f0085599_15262651.jpg


これこそ万能ウェットフライ「Orange Tippet」

サーモンの時期はもちろん本流でもレインボーをはじめ、
あらゆるトラウト達に人気がある。
ローウォーターフックに小さめに巻くと効果的。

オレンジなど赤系の色は魚達の捕食スイッチを刺激するのだろうか、
リードよりドロッパーでフッキングする事が多いように思う。
シュリンプ?小魚?テレストリアル?セッジ?
一体魚達には何に見えているのだろう。
[PR]
by Lt_cahill | 2010-03-10 15:39 | Fly Tying


過ぎて行く時間、とどめておけない一瞬を残したいから…。どんなに大きな魚を釣り上げても、どんなに美しい魚と巡り遇えても、終わりの無い旅…フライフィッシング。それは確かに難しい、だからこそ面白い。


by Lt_cahill

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Fishing Report
北海道釣行
アメリカ釣行
ロシア釣行
Expression
Impression of Stream
Fly Tying
Commercial Flies
Photograph
TIME FRAME<Fisher>
Self portrait
Art
Music
海外からの便り
Favorite Goods
♪いい湯だな♪
ダルメシアン「アリス」
カレンダー
hebohebo会
S2000
iPhone写真館
名水
Tokyo Sky Tree
未分類

お気に入りブログ

岡田裕師のブログ
みな「ぼ~ず」
いぬ太郎の犬日誌(仮)
晴れた日には
slow fishing
尻別川の畔より/K9 F...
写真日誌[旅の香り]
terry's Rive...
Bloody L
気ままにキャスト ...
ぱら式。 ~Chicag...
(続)我流・天声・を・書く
永源寺のなまぐさイワナ
フィッシュ クラフト工房...
「 飛 翠 。」 one...
へたっぴルアーマンの釣り日記
terry's Phot...
グリースドラインで釣り日記!
ユニオンスクエアの窯 ☆...
walton_Blog
Metropolitan...
おっさんのメタボな生活
Spey Bum
あぶらびれパトローラー
g i @ n t の ...
Friend of Wa...
tabiのひとり言
陸に上がってた☆Flyman!
LIKE A FLOWI...
ニューヨーク*ユニオンス...
一生フライします
DRAINPIPE/DR...
fiat lux pho...
森のフィッシュ魚ッチング
~BQイッチー フィール...

flyfishingリンク

以前の記事

2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

検索

タグ

(85)
(83)
(82)
(46)
(38)
(38)
(33)
(15)
(15)
(12)
(11)
(10)
(5)
(5)
(4)
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
釣り

画像一覧