秋の北海道フィッシングツアー2008 vol.4 知床夫婦滝 クマがでたぞ!

3日目
この日は道東の海岸でいくつかの海アメが釣れたとの情報が入ったので、
ダメ元で道東の海岸に向かったのだが、
海岸線が見えると音別川を中心に泥濁りが沖合数十キロに流れ出し
打ち寄せる波で海岸線の全てが茶褐色。
釧路から厚内まで何カ所かでキャストをしてはみたものの、釣れてくるのはゴミばかり。
時々3メートルを越えるような波も押し寄せ釣をさせてもらえなかった。
そんな訳で写真も無し、釣の話も無しです(笑)

f0085599_23302488.jpg


4日目
夕食を食べた後3時間ばかり仮眠をとり、阿寒湖のホテルエメラルドから
夜中の12時30分にチャーターしたバスに10人が乗り込み知床に向かった。

早朝3時30分には羅臼の先、相泊漁港に到着。
真っ暗な中、ウエダーに着替えて準備をして4時20分に渡し船に乗船して
目的地に出発した。

f0085599_23304633.jpg


30分ほど霧が漂う凪いだ海を疾走すると東の空が明るくなり、
知床自然遺産の絶壁が徐々に見えてきた。



f0085599_2335066.jpg


ペキンの鼻をすぎてしばらく行くと二本の滝が見えてきた。
二つ滝、あるいは夫婦滝と呼ばれるポイントで
船着き場について釣り道具やクーラーボックスを持ち
二本の滝の間に向かう。


f0085599_23382869.jpg


f0085599_23385268.jpg


男滝の近くで釣の準備をしてそれぞれが良さそうなポイントに向かった。
ボクは男滝の流れ込み前の磯場を選んでキャストを開始する。
時々見え隠れするカラフトマスの背びれに向かってフライを落とし込むが
なかなか反応してくれない。
中央付近で釣をしている友人達は徐々にロッドが曲がり始め、
歓声が聞こえてくる。

f0085599_2345674.jpg


30分ほど過ぎた頃ボクにも待望の一尾がヒットした。
2日前の教訓を活かして慎重なやりとりをしてオスのカラフトマスを
なんとかランディングすることが出来て、ホッとする。

f0085599_23475084.jpg

そしてしばらくすると、沖に停泊している渡し船の船長が
大きな声で怒鳴りだした。
なにごとかと思ったら、「クマが出たぞ!早く逃げろ!」
岩の上から後を振り返ると50メートルほどの距離で黒い物体が動いている。
慌ててリールを巻いてクマと反対方向に気付かれないように逃げた。


f0085599_2353556.jpg


全員で釣を中止してクマから離れた位置まで荷物を移動すると、
徐々に近づいてくる。
海岸に移動した渡し船に全員が駆け込んでしばらく海上から
観察していると僕らが到着する前にハンティングしてあった
カラフトマスを回収しているようで、一尾くわえては森の中に運んで
また回収に来ることを繰り返している。

餌を獲ることに集中しているらしく
船のエンジン音で威嚇しようが、爆竹を鳴らそうが、
クマよけの笛を吹こうがまったく動じず逃げもしない。

今回は望遠レンズを持ってきていなかったので、
離れた位置からではクリアな画像が撮れなかったことが悔やまれた。

その後距離をおいてクマを気にしながら釣を続行。
しかし、今日一番のポイントはクマに占領されたのは言うまでもなかった。

f0085599_052946.jpg


全員が釣ったところで、場所を移動することになり
海岸に移動した渡し船に乗り込んだけど、海が荒れてたらどうなってたか
想像するだけで身震いした。


f0085599_095844.jpg


次に向かったのがモイレウシのポイントで
海岸線でルアーをやっている釣り人数人がワンキャスト・ワンフィッシュ
で騒いでいた。
そんな風景を見ながら遅めの朝食を食べて
残りの時間を楽しむことになったのだが、向かい風が吹き出して
フライには反応が悪い状況が続いた。

f0085599_0175482.jpg

ルアーの釣り人が譲ってくれた場所に入ると待望のメスが釣れたのだが、
撮影している時に逃げてしまったので残念ながらキープできなかった。

f0085599_020275.jpg


12時にストップフィッシングとなり港に引き返す。
早いかなあと思ったけど睡眠不足で釣り続けていたのでもう十分だった。

帰りがけに羅臼のとあるホテルの露天風呂で汗を流して
仲間達とその日の釣の話で盛り上がり、
ビールとおつまみで帰りのバスは宴会場と化した。


f0085599_025144.jpg

つづく、
[PR]
by Lt_cahill | 2008-09-12 00:25 | 北海道釣行


過ぎて行く時間、とどめておけない一瞬を残したいから…。どんなに大きな魚を釣り上げても、どんなに美しい魚と巡り遇えても、終わりの無い旅…フライフィッシング。それは確かに難しい、だからこそ面白い。


by Lt_cahill

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Fishing Report
北海道釣行
アメリカ釣行
ロシア釣行
Expression
Impression of Stream
Fly Tying
Commercial Flies
Photograph
TIME FRAME<Fisher>
Self portrait
Art
Music
海外からの便り
Favorite Goods
♪いい湯だな♪
ダルメシアン「アリス」
カレンダー
hebohebo会
S2000
iPhone写真館
名水
Tokyo Sky Tree
未分類

お気に入りブログ

岡田裕師のブログ
みな「ぼ~ず」
いぬ太郎の犬日誌(仮)
晴れた日には
slow fishing
尻別川の畔より/K9 F...
写真日誌
terry's Rive...
Bloody L
気ままにキャスト ...
ぱら式。 ~Chicag...
(続)我流・天声・を・書く
永源寺のなまぐさイワナ
フィッシュ クラフト工房...
「 飛 翠 。」 one...
へたっぴルアーマンの釣り日記
terry's Phot...
グリースドラインで釣り日記!
ユニオンスクエアの窯 ☆...
walton_Blog
Metropolitan...
おっさんのメタボな生活
Spey Bum
あぶらびれパトローラー
g i @ n t の ...
Friend of Wa...
tabiのひとり言
陸に上がってた☆Flyman!
LIKE A FLOWI...
ニューヨーク*ユニオンス...
一生フライします
DRAINPIPE/DR...
fiat lux pho...
森のフィッシュ魚ッチング
~BQイッチー フィール...

flyfishingリンク

以前の記事

2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...

検索

タグ

(85)
(83)
(82)
(46)
(38)
(38)
(33)
(15)
(15)
(12)
(11)
(10)
(5)
(5)
(4)
(4)
(2)
(2)
(2)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
釣り

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30